クリーンブースの概要と利用先の種類について

クリーンブースの概要と利用先の種類について 現在ではクリーンブースと呼ばれているものがメーカーから発表されています。
シートタイプやパネルタイプなど様々なものがありますが、クリーンブースは外気と遮断できる特別な空間を作り出すことを目的にしていて、空気中に含まれている余計な成分や埃などを遮断することができます。
簡易式のタイプであっても十分な効果を発揮しているものがあり、フィルターが設置されていて、空調管理などを行うことができるタイプなども注目されています。
クリーンブースは使い道の範囲が広がることになり、例えば物を製造しているような現場では大きく活躍することができます。
例えば精密機器を製造している現場や、食品や医薬品などを製造している現場では、特に誇りなどを嫌う傾向にあり、クリーンブースを活用することで問題をクリアすることができます。
比較的コストが低く、簡単に設置できるタイプから、断熱タイプの場合では大型に設定されている高機能なタイプまで用意されていて、それぞれの目的に合わせて導入することができます。
一般家庭でも工作などを行っている方の場合では使い道が用意されていることになりますが、その多くが工場や各種企業の研究所など、空気中の微粒子などを寄せ付けないスペースが必要な際に用いられています。

クリーンブースでの服装の特徴について

規定以上の清浄度レベルに管理している部屋をクリーンルームと言います。
クリーンブースはそれの簡易版で、安価で簡単に清浄化された空間が作れるため工場や病院関係で幅広く使われています。
クリーンブースでは服装も専用のものに変える必要があります。
なぜなら人の体や衣服から出てくるゴミや埃がクリーンルームを汚す最大の汚染源だからです。
ブースの清浄度や作業の内容に合わせてその服装は異なります。
病院に限らず、工場内であってもクリーンブース内では白衣で作業しています。
その服の最大の特徴として制電加工が施されています。
静電気によって埃やゴミは寄せ付けられるためそれを防ぐようにしているのです。
また汚れに強くないといけないためポリエステル100パーセントが主流となっています。
普通の衣服の場合、お肌に優しいとされる綿などの素材がいくらかは配合されているのですが、この服は入っておらずお肌が弱い人にとっては症状悪化の可能性もあるので注意が必要です。
自分用のものを見分けるために刺繍で名前を入れることさえクリーン度に影響があるため注意が必要とされており、フードや帽子・ブーツやマスクなどすべて細かいチェックがなされることでクリーン度は保たれているのです。